監督・脚本:ガブリエル・アクセル│ 原作:カレン・ブリクセン(イサク・ディーネセン)
出演:ステファーヌ・オードラン、ビアギッテ・フェザースピール、ボディル・キェア 1987年│カラー│デンマーク│ 104分│デジタル・リマスター版
提供:マーメイドフィルム│ 配給:コピアポア・フィルム│ 宣伝・お問い合わせ:VALERIA │ 後援:デンマーク大使館

おいしい人生を味わってみませんか?
バブル真っただ中の80 年代後半、現在は失くなってしまった東京のお 洒落なミニシアターで1 本の映画がひっそりと公開されました。喧騒と狂 乱に満ちた世の中をものともせず静謐な光を放ったこの作品は、数多くの 観客を虜に。それがデンマーク映画『バベットの晩餐会』です。辺境 の村に住む老姉妹の穏やかな日常を描いた導入部と、主人公バベット の調理風景やゴージャスな晩餐会の様子を詳細に再現したクライマック スが見事なコントラストを醸し出した映像は、見る者を一瞬たりとも退屈 させません。人生の収穫期を生きる女性たちの理想郷を滋味深く描いた、 心に残る名作が、デジタル・リマスター版にてよみがえります。
スクリーンから匂い立つ極上の風味。 美食のユートピアここにあり!
19 世紀後半、デンマークの小さな漁村で牧師だった父の遺志を継ぎ慎 ましく生きる初老の姉妹。ある日、彼女たちのもとにひとりのフランス人女 性がやってくる。パリ市の動乱(パリ・コミューン)で家族を失ったバベッ ト。彼女はメイドとして姉妹に仕えるが、ある日偶然買った宝くじで大金 を手にする。かつてパリのレストランの名シェフだったバベットは、賞金 を使って豪華なディナーを計画するが……。

   ヒロインのバベット役は、ヌーヴェルヴァーグの一員として知られ、サス ペンスの巨匠とも呼ばれていたクロード・シャブロル監督の元夫人で シャブロル作品のミューズとして数々の映画に出演した名女優ステ ファーヌ・オードラン(『いとこ同志』『女鹿』)。原作は、村上春樹や J・D・サリンジャーが熱愛した『アフリカの日々』(ロバート・レッドフォー ド、メリル・ストリープ出演で『愛と哀しみの果て』として映画化)の 作者として名高いイサク・ディーネセン(アイザック・ディネーセン)が、 本名カレン・ブリクセンで書いたもの。来たるべきスローライフを予見し たグルメ映画の傑作! 人生の至福と超絶技巧のフランス料理をぜひご 賞味あれ。
地域 劇場名 電話番号 公開日程
函館市 シネマアイリス 023-632-3220 11月5日〜
山形市 MOVIEON やまがた 0138-31-6761 11月12日〜
足立区 東京芸術センター 0570-01-0161 10月9日〜
柏市 キネマ旬報シアター 04-7141-7238 11月26日〜
尾道市 シネマ尾道 0848-24-8222 10月1日〜
山口市 山口情報芸術センター 083-901-2222 11月6日〜
日田市 シネマリベルテ 0973-24-7534 9月23日〜
那覇市 桜坂劇場 098-860-9555 近日