『早春』(70)は、『手を挙げろ!』(67)がポーランド政府の検閲によって公開禁止となって以降、活動拠点を徐々に海外へと移し始めていたスコリモフスキ監督がイギリス・ロンドンと旧西ドイツ・ミュンヘンで撮影した青春劇。小規模作品ながら、ヴェネチア国際映画祭で上映されるなど大きな評判を呼び、今ではスコリモフスキの最高作の一本に数えられている。日本では1972年の劇場公開以来長らく劇場上映の機会がなく、ソフト化もされていないことからカルト的人気が年々高まっていた。今回上映されるデジタル・リマスター版では、その鮮やかな色彩や陰影が見事によみがえり、独特の映像美と主演ふたりの輝くような魅力を存分に伝えてくれる。
ロンドンの公衆浴場に就職した15歳のマイクは、そこで働く年上の女性スーザンに恋心を抱く。だが婚約者がいながら別の年上男性ともつきあう彼女の奔放な性生活を知るうち、マイクの彼女ヘの執着は徐々にエスカレートしていく…。ジャン=ピエール・レオー主演の『出発』(67)で19歳の青年が大人へと移行する瞬間を映し出したスコリモフスキだが、本作では、15歳の少年が初めての恋と性的欲望のはざまで逡巡する様を、ときにリアルに、ときにユーモラスに描き出す。主人公の少年マイクを演じるのは、『初恋』(70)で当時アイドル的人気を誇っていたジョン・モルダー=ブラウン。彼を魅了するスーザン役を、『アルフィー』(66)他多くの作品に出演していたジェーン・アッシャーが演じる。音楽を手がけたのは、ロンドン出身のシンガー・ソングライター、キャット・スティーヴンスとドイツのロック・グループ“カン”。いつの時代も色あせない思春期の普遍的な物語を、前衛的なイメージと若々しくエネルギッシュな映像で描いた『早春』は、恋に囚われた経験のある者すべてを、狂おしいほどに魅了する。
1946年4月5日、英ロンドンのウィルズデン生まれ。父は医師兼キャスター、母はギルドホール音楽演劇学校で教師を務めていた。クイーンズ・カレッジで学ぶ。姉クレアはラジオ声優兼視学官。兄ピーターはレコードプロデューサー/マネージャーで、のちにゴードン・ウォーラーと組んでポップ・デュオ「ピーター&ゴードン」を結成することになる。ジェインは六歳の頃に『マンディ』(アレクサンダー・マッケンドリック、52、未)で映画に初出演。以降、子役として映画やテレビドラマへの出演を続ける。1963年(17歳のとき)より「ザ・ビートルズ」のポール・マッカートニーと交際を始めたが、約五年後にマッカートニーがアメリカ人脚本家フランシー・シュワルツと同衾している現場を発見してしまい、彼との婚約を解消。その後イラストレーターのジェラルド・スカーフと結婚、三人の子どもをもうけた。『早春』は24歳の頃の出演作で、同年に『きんぽうげ』(ロバート・エリス・ミラー、70)にも出演した。以降、映画・テレビ・舞台を股にかけて活躍。ベストセラー小説を三作発表し、パーティ用ケーキやシュガークラフトを作る会社の経営者でもある。そのほかの代表的な映画出演作に、『女になる季節』(ルイス・ギルバート、61)、『赤死病の仮面』(ロジャー・コーマン、64)、『アルフィー』(ルイス・ギルバート、66)、『ドリームチャイルド』(ギャヴィン・ミラー、85)、『パリスbyナイト』(デイヴィッド・ヘア、88)等がある。
1953年6月3日、英ロンドン生まれ。五歳の頃に映画デビューを飾り、以後子役としてキャリアを築く。『早春』は17歳のときの主演作。同年、ドミニク・サンダの共演者として『初恋(ファースト・ラブ)』(マクシミリアン・シェル、70)にも主演している。スコリモフスキとは『キング、クイーンそしてジャック』(72)でも組んだ。以降も国内外で映画やテレビへの出演を続けている。1997年にはイースト・サセックス州ブライトンに演劇学校アカデミー・オブ・クリエイティヴ・トレイニングを設立した。そのほかの主な代表的映画出演作に、『象牙色のアイドル』(ナルシソ・イバニエス・セラドール、69)、『吸血鬼サーカス団』(ロバート・ウィリアム・ヤング、71)、『ルートヴィヒ』(ルキーノ・ヴィスコンティ、72)等がある。
1931年10月23日、英ウィルトンシャー州スウィンドン生まれ。本名はダイアナ・メアリー・フラック。1947年に端役で映画に初出演、セクシーなブロンド美女役でイギリス映画に数々出演し人気を博す。その人気は「イギリスのマリリン・モンロー」と呼ばれるほどで、20歳でイギリス史上もっとも若いロールスロイスの所有者となるほどの成功を収めた。またザ・ビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』のジャケットにも登場している。1957年に『金髪の悪魔』(ジョン・V・ファロー、57)のファム・ファタール役でハリウッド・デビューを果たすが、共演者のロッド・スタイガーとの不倫スキャンダルの影響もあり、ハリウッド進出の結果は必ずしも成功とは言えなかった。60〜70年代頃からは、『狂気のいけにえ』(フレディ・フランシス、72、未)といったホラー作品など、それまでのセックス・シンボル的な役柄とは異なる奇怪な役にも果敢に挑戦する。そのほかの主な代表的映画作品に『オリヴァー・ツイスト』(デヴィッド・リーン、47)、『密告』(テレンス・フィッシャー、52、未)、『文なし横丁の人々』(キャロル・リード、55)等がある。1984年5月4日死去。遺作は『スチームバス/女たちの夢』(85、未)で、これは84年6月に亡くなったジョセフ・ロージーの遺作ともなった。
1938年5月5日、ポーランド・ウッチ生まれ。第二次大戦中、ナチ占領下のワルシャワで幼少期を過ごす。戦争中は両親共にレジスタンス運動に身を投じており、父親はナチに逮捕され強制収容所で処刑された。53年にワルシャワ大学歴史学部物質文化史コースに入学、民俗学を学ぶ。またこの時期に詩作とボクシングに熱中。同時にジャズに魅了され、ジャズピアニスト兼作曲家クシシュトフ・コメダと交流。
その後、映画監督アンジェイ・ワイダおよび作家イエジー・アンジェイェフスキと出会い、この二人に頼まれてワイダ監督作『夜の終りに』(60)の脚本執筆に参加。同作に若いボクサー役で出演する。さらに、ワイダの勧めでウッチ映画大学に入学(64年まで在籍)。61年夏、ロマン・ポランスキーと共同でポランスキー監督作『水の中のナイフ』(63)の脚本を執筆。在学中、長編第一作『身分証明書』(64)を監督。この作品はウッチ映画大学の課題短編作品製作用フィルムをつなげて一つにしたものだった。卒業後に監督した三本『不戦勝』(65)、『バリエラ』(66)、『手を挙げろ』(67~81)は、順応を求めるポーランド社会に対する、未熟な主人公による勝ち目のない闘争を描いている点で、『身分証明書』の続編あるいは姉妹編とみなしうる。また、『バリエラ』以外の作品に、すべて自ら主演した。ポーランド政府を挑発した『手を挙げろ!』は公開禁止処分を受けたため、同作が公開されるまでポーランドでは二度と映画を作らないと明言。
初めて外国で監督した低予算のベルギー映画『出発』(67)はベルリン映画祭で金熊賞を受賞。以後、ナポレオン戦争を背景としたコナン・ドイルの小説に基づく英=スイス合作映画『勇将ジェラールの冒険』(70、テレビ放映のみ)、オリジナル脚本による西独=英合作映画『早春』(70)、ナボコフの同名小説に基づく西独=米合作映画『キング、クイーンそしてジャック』(72、未)、超常現象を主題としたロバート・グレイヴズの小説に基づく英国映画『シャウト』(78)を発表。
81年秋には、一家で本格的にポーランドを離れてロンドンに移住。同時期に『手を挙げろ!』が封印を解かれた。その後発表した英国映画『ムーンライティング』(82)で、オリジナル脚本による個人的な主題を扱った映画作りに戻る。続いて再び個人的な主題を扱った英=仏合作映画『成功は最高の復讐』(84)の興行的失敗により、製作資金の担保にしていたロンドンの自宅を失ったため、妻子と共に合衆国カリフォルニア州サンタ・モニカに移住。初の米映画『ライトシップ』(85)、ツルゲーネフの同名小説に基づく仏=伊合作映画『春の水』(89、未)を発表。同年に東西冷戦が終結した後、91年に故国ポーランドで約14年ぶりに撮影を敢行した、ゴンブローヴィチ原作『30 ドア 鍵』(未)を監督。以後16年間映画作りから遠ざかった末、母国に拠点を移して『アンナと過ごした4日間』(08)、『エッセンシャル・キリング』(10)を監督。最新監督作は『イレブン・ミニッツ』(15)。2016年にはヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞(生涯功労賞)を受賞した。
誰もが気恥ずかしくも夢中で一度は死ぬほどの恋をする。
滑稽で悲痛な、甘美で苦しい、初恋。
スコリモフスキの『早春』は永遠に危うく不安な青春映画の傑作だ。
山田宏一
映画評論家
童貞をこんなにも美しく、残酷に描いた映画があるだろうか。
プールに浮かぶ少年と美女の看板のラブシーンは永遠に不滅だ。
町山智浩
映画評論家
黄色いコートに身を包んだナイフみたいなジェーン・アッシャー。
彼女が切り裂いた少年の心から流れた血が、透明な水にたゆたう。
無垢が潰える瞬間をこんなにも残酷に、硬質に、甘美にとらえた映画も他にない。
山崎まどか
コラムニスト
恋は何故こんなにも人を面倒臭くさせるのだろうか。’好き’が次々と爆発して、どうしても真っ直ぐに進めない、その不器用さ。いつまでも観たくなりました。
紗倉まな
AV女優/作家
映像の時代的古めかしさはむしろ新鮮で、おしゃれにすら映って楽しめる。
少年の恋を思春期の危うさとともに描いているが、片思いのいら立ちを知っている者ならきっと感情移入する。
これは確かに、「死ぬほどの恋」だ。
蒼井ブルー
作家・写真家
子供と大人の狭間。美しさと汚さの狭間。現実と夢の狭間…。どちらにも転ばない全てが危ういバランスで成り立つ儚い世界!
段々と笑えてきさえする青臭さ全開な主人公の行動が最高に愛おしいと思いました…!
テンテンコ
アーティスト
「青春映画の幻の古典」とされているが、ロンドンのポップと東欧の暗さが絶妙にミックスされている混血的珍品。とまれ、様々な元ネタの塊である、魅力的で斬新なショットの数々。デジタルリマスターの威力ハンパねえ。
菊地成孔
音楽家/文筆家
※順不同・敬称略
地域 都市 劇場名 公開日
北海道 札幌市 シアターキノ 3月13日
東北 大館市 御成座 4月6日
  仙台市 桜井薬局セントラルホール 3月17日
  福島市 フォーラム福島 近日
関東 恵比寿 YEBISU GARDEN CINEMA 1月13日
  品川区 キネカ大森 2月24日
  横浜市 シネマ・ジャック&ベティ 近日
  柏市 キネマ旬報シアター 3月10日
  高崎市 シネマテークたかさき 近日
甲信越静 長野市 シネマポイント 4月14日
  松本市 松本CINEMAセレクト 3月16日
中部・北陸 名古屋市 名古屋シネマテーク 2月3日
  金沢市 シネモンド 近日
関西 大阪市 シネ・リーブル梅田 2月17日
  京都市 京都シネマ 近日
  神戸市 神戸アートビレッジセンター 近日
中国・四国 広島市 横川シネマ 近日
  山口市 山口情報芸術センター 近日
  松山市 シネマ・ルナティック 3月31日
九州・沖縄 福岡市 KBCシネマ 近日
  熊本市 Denkikan 3月17日
  大分市 シネマ5 3月10日
  宮崎市 宮崎キネマ館 3月10日
  鹿児島市 ガーデンズシネマ 近日
  那覇市 桜坂劇場 近日